ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 辻堂屋プロジェクト No.1 | main | 秋のスイーツ&玉子 >>
2019.02.15 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.09.28 Friday

めがね

昨日は先週から始まった映画「めがね」を観に行って来ました。
2006年に公開された「かもめ食堂」。そのキャストとスタッフがふたたび集い、あらたな物語を生み出しました。それが「めがね」。「めがね」は公開前から「かもめ食堂」のファンはもちろんのこと、注目していた映画だと思います。
私もそんなファンの一人として、ぜひ観たいと思っていました。
「かもめ食堂」は映画を観てから原作を読み、その後も何回か観ては以前訪れたフィンランドの風景と物語に心地よさを感じていました。なので今回の「めがね」もどんな映画だろうと楽しみでした。
南の島の物語。今回もゆる〜い空気と美しい風景をバックに物語は繰り広げられています。ストーリーはこれからご覧になる方も多いと思うので、ぜひ映画館で!!

「めがね」
我が家のあーさんは観てすぐに「いい映画だった〜」と言って感動していたけれど、私は正直すぐには答えられませんでした。
でも、時間が経つにつれて「あぁ〜いい映画だったなぁ〜」「いい時間を過ごしたなぁ〜」とジワジワと良さが伝わってきました。

そして「めがね」は観た人がきっとそれぞれに、いろんなことを感じ、いくつかのメッセージや命題が溶け込んでいるのだろうけれど、そんなものを飛び越えて素直に観て感じればいい映画なのでしょう。きっと。



今回もおいしい食事のシーンがたくさん登場し、観ている私達も"幸せぇ"と感じました。
やっぱり、おいしい食事、それをみんなで囲む。そんな風景が私達の心の奥底のどこかに響くのですね。
2019.02.15 Friday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album
PR